脱毛ラボの口コミや効果、料金、特徴などを解説しています。脱毛ラボは、痛くない、安いで評判の満足度96%の脱毛サロンです。安心で確かな脱毛をご検討の方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 脱毛基礎知識

脱毛基礎知識

レーザー脱毛について

レーザー脱毛は脱毛方法のひとつです。レーザー脱毛はレーザーを脱毛したい部位に照射することによって脱毛効果を期待する方法です。

 

なぜレーザーで脱毛できるのかというと、レーザー脱毛に使用されるレーザーは黒い色素だけに反応するという性質を持つものだからです。

 

施術部位にこのレーザーを照射するとレーザーは毛穴の中で黒い色素に反応して毛根周辺にある発毛に関わる毛乳頭などの組織を破壊します。発毛組織が破壊されてしまうのでその毛穴ではそれ以降発毛することができなくなるのです。

 

脱毛には光脱毛という方法もありますが、光脱毛は永久脱毛というより発毛を抑制できる効果が期待できる施術方法です。このことから、永久脱毛をしたい場合にはレーザー脱毛のほうが良いでしょう。

 

でもレーザー脱毛の特徴として施術のときに痛みがあるという点があげられます。痛いのはいやだ、という方には向いていない方法ですね。時間はかかっても肌に負担をかけず痛みがない脱毛をしたい方は光脱毛を選ぶと良いでしょう。

 

ところで光脱毛というと自宅で自分で行ったり、エステサロン、脱毛サロンなどを利用しますね。でもレーザー脱毛の施術を受けることができるのは医療機関となります。レーザー脱毛は永久脱毛効果が期待できるのですが、そのために強力な力を持つレーザーを照射して発毛組織を破壊するという施術は医療行為と定められているからです。

 

費用の面を見てみると、施術の回数や期間は個人差があるのであくまでも目安ですが、光脱毛より医療機関でのレーザー脱毛のほうが高くなるケースが多いようです。こうした特徴を考えたうえで自分に合った脱毛方法を選んでください。

ニードル脱毛について

ニードル脱毛は脱毛方法のひとつですが、どんな方法なのか具体的に説明しましょう。

 

ニードル脱毛は毛穴一つ一つに対して行う施術です。まず毛穴に極細の針を差し込みます。この針には微弱な電流が流れるようになっています。毛穴に差し込んだ針に電流を流すと毛穴の奥の発毛組織に電気の熱が伝わります。そして発毛組織が機能しなくなるので発毛が行われなくなるということなのです。

 

ニードル脱毛ではこうした施術方法が行われているのでニードル脱毛した毛穴で発毛機能が再生する可能性はとても低いのです。つまり永久脱毛の効果が高いということが言えます。

 

 

これはニードル脱毛の大きなメリットですが、ニードル脱毛にはデメリットもあります。

 

やはり毛穴に差し込んで行う施術なので痛みを感じるというデメリットがあるのです。痛みに弱い方にはあまりおすすめできない方法だと言えます。

 

また、的確に毛穴に針を差し込んで発毛組織が機能できないようにするには熟練した技術が必要だと言われます。技術が未熟であれば、永久脱毛の効果が高いからといってニードル脱毛を受けても満足できる結果にならないという可能性もあるのです。

 

最近はレーザーやいろいろな種類の光を施術部位に照射する脱毛方法が主流になってきています。こうしたレーザーや光を照射する方法だとある程度の面積に施術することが可能です。

 

でもニードル脱毛では毛穴一つ一つに施術するので時間がかかり、効率が悪いという点もデメリットとしてあげられますね。この時間がかかるということは施術費用がかさんでしまうということにもつながります。

 

 

脱毛効果、脱毛したい部位、痛み、費用などいろいろな条件を考えて脱毛方法を選びましょう。

Page 2 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) 脱毛ラボの口コミ、効果、料金など解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「脱毛ラボの口コミ、効果、料金など解説」(http://www.adabsurdum.org/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。