ニードル脱毛は脱毛方法のひとつですが、どんな方法なのか具体的に説明しましょう。

 

ニードル脱毛は毛穴一つ一つに対して行う施術です。まず毛穴に極細の針を差し込みます。この針には微弱な電流が流れるようになっています。毛穴に差し込んだ針に電流を流すと毛穴の奥の発毛組織に電気の熱が伝わります。そして発毛組織が機能しなくなるので発毛が行われなくなるということなのです。

 

ニードル脱毛ではこうした施術方法が行われているのでニードル脱毛した毛穴で発毛機能が再生する可能性はとても低いのです。つまり永久脱毛の効果が高いということが言えます。

 

 

これはニードル脱毛の大きなメリットですが、ニードル脱毛にはデメリットもあります。

 

やはり毛穴に差し込んで行う施術なので痛みを感じるというデメリットがあるのです。痛みに弱い方にはあまりおすすめできない方法だと言えます。

 

また、的確に毛穴に針を差し込んで発毛組織が機能できないようにするには熟練した技術が必要だと言われます。技術が未熟であれば、永久脱毛の効果が高いからといってニードル脱毛を受けても満足できる結果にならないという可能性もあるのです。

 

最近はレーザーやいろいろな種類の光を施術部位に照射する脱毛方法が主流になってきています。こうしたレーザーや光を照射する方法だとある程度の面積に施術することが可能です。

 

でもニードル脱毛では毛穴一つ一つに施術するので時間がかかり、効率が悪いという点もデメリットとしてあげられますね。この時間がかかるということは施術費用がかさんでしまうということにもつながります。

 

 

脱毛効果、脱毛したい部位、痛み、費用などいろいろな条件を考えて脱毛方法を選びましょう。





カテゴリー : 脱毛基礎知識